姓名判断は面白い

image

姓名判断は、名前の文字の画数によって占います。天格は姓の総画数を差し、人格は姓の最後と名の最初の文字の総画を差し、地格は名の総画を差し、外格は総画から人格を引いた数を差し、総画は姓名の全部の総画を差します。
画数の数え方には、占いの流派によって違いがあり、同じ名前を占っても、流派によって吉凶が違う場合があります。
これら5格で占っていくのですが、5格のうちいくつかは凶数に当たる場合が多いです。人生に於いていい結果もあれば悪い結果も必ずあるということです。
また男女とも結婚した時に名字が変わる場合があります。その時には当然、画数が変わってくるので占い結果も変わり、運命が大きく変わると言えるのかもしれません。

姓名判断は計算が必要

image

姓名判断とは、画数を計算することにより占うものです。
赤ちゃんの名付けの際に利用することも多いですが、良い画数や悪い画数のみにこだわり、元々の意味を理解している人は少ないようです。
姓名判断で大切なことは、五行のバランスを整えることだとされています。五行とは、木、火、土、金、水のことです。自然界に成り立つこれらとのバランスを整えるには、それぞれの格の相性を考える必要があるようです。
画数の計算ばかりに囚われるのではなく、天格と人格の相性や人格と地格の相性などを重視し、バランスのよい画数を選ぶことが大切です。
因みに天格とは、姓の画数全てを足したもので、人格は姓の最後の画数と名の最初の画数を足したもの、地格とは名の画数を足したものです。それぞれの相性を考え、計算するのが真の姓名判断です。

管理人愛用サイト紹介

実績の姓名判断について

はじめての命名なら